新旧iPhoneのデータ移行の方法と注意点!

iPhoneを乗り換えたときにまずしないといけないのが、連絡先や写真(動画)など必要なデータを新しいiPhoneに移す作業。ただ、初めてだと何をすれば移行できるのか分かりづらいものです。

そこで、iPhone間のデータ移行の方法についてまとめてみました。クイックスタート(直接)のほか、iCloudやiTunesを経由しての手順と、それぞれのデータ移行の注意点にも触れています。

iPhoneのデータ移行【クイックスタート編】

iPhone間のデータ移行の方法でもっとも新しく、そして簡単なのが、クイックスタート。これは、iCloudやiTunesを経由することなく、新旧のiPhoneだけで直接データ移行できる方法です。

データ移行の方法

1.新旧iPhoneの電源を入れ、側に置く(旧iPhoneのWi-FiとBluetoothはオンに)

2.新iPhone上に「こんにちは」と表示されたら、上にスワイプして先に進める

3.旧iPhone上に「新しいiPhoneを設定」と表示されたら、「続ける」をタップ

4.新iPhoneに青いイメージが表示されたら、旧iPhoneのカメラ機能で読み取る

5.新iPhoneでパスコードの入力が求められたら、旧iPhoneでのものを入力する

6.新iPhoneで「Face ID」と「Touch ID」を設定する

7.新iPhoneで「データを転送」と表示されたら、「iPhoneから転送」をタップ

データ移行時の注意点

クイックスタートでiPhoneのデータ移行するときの注意点は主に4つ。

・新旧iPhoneどちらも「iOS 12.4」以降でないと使えない

・旧iPhoneはWi-FiとBluetoothの設定を「オン」にしておく

・後の2つの方法に比べ、データ移行に時間がかかりやすい

・旧iPhoneのデータを移すだけで、バックアップは取れない

特に注意したいのは、これはあくまでデータ移行でバックアップは取れないことです。旧iPhoneを処分した後、何らかの理由で新iPhoneが故障したときにデータが失われる危険があります。

大切なデータを守りたいのであれば、データ移行とは別にバックアップを取っておきましょう。

iPhoneのデータ移行【iCloud編】

クイックスタートのほかにも、iPhoneだけでデータ移行はできます。それは、iCloud(Appleのクラウドストレージサービス)を経由する方法。Wi-Fi環境さえあればいいので、こちらも簡単です。

データ移行の方法

まずは、旧iPhoneでiCloudにデータのバックアップを作成します。

1.ホーム画面から「設定」をタップ

2.「Wi-Fi」を開いて、Wi-Fiネットワークに接続

3.設定画面上部の「iPhoneにサインイン」をタップ

4.「Apple ID」と「パスワード」を入力

5.Appleから送信される「Apple ID確認コード」を入力

6.旧iPhoneのパスコードを入力

7.「結合」または「結合しない」を選択(どちらでもOK)

8.設定画面上部にある自身の「Apple ID」をタップ

9.「iCloud」をタップ

10.「iCloudバックアップ」をタップして「オン」にする

11.「今すぐバックアップを作成」をタップ

次に、新iPhoneでiCloudのバックアップからデータ移行(復元)します。

1.新iPhoneを起動する

2.言語やWi-Fi、位置情報などの設定を進める

3.「iCloudバックアップから復元」をタップ

4.「Apple ID」と「パスワード」を入力

5.Appleから送信される「Apple ID確認コード」を入力

6.利用規約に「同意する」をタップ

7.バックアップしたいバックアップを選択

データ移行時の注意点

iCloudでiPhoneのデータ移行するときの注意点は主に2つ。

・バックアップ、データ移行(復元)ともにWi-Fiネットワークが欠かせない

・iCloudの無料アカウントで扱えるデータ容量は「5GB」まで

動画や写真などでデータ容量が5GBを超えるときは、無料アカウントではすべてのバックアップを作成できません。データを整理するか、有料アカウントに切り替えてからデータ移行してください。

iPhoneのデータ移行【iTunes編】

PC(Mac、WindowsどちらでもOK)がある人は、iTunesを経由してもデータ移行はできます。こちらは有線でバックアップの作成、データ移行(復元)するので、他の方法より速いのが魅力です。

データ移行の方法

まずは、旧iPhoneのデータをiTunes(PC)にバックアップを作成します。

1.PCを起動して、「iTunes」を立ち上げる

2.PCと旧iPhoneをUSBケーブルで接続する

3.メニューバーの「iPhoneマーク」をクリック

4.「今すぐバックアップ 」をクリック

次に、新iPhoneでiTunes(PC)のバックアップからデータ移行(復元)します。

1.PCを起動して、「iTunes」を立ち上げる

2.PCと新iPhoneをUSBケーブルで接続する

3.メニューバーの「iPhoneマーク」をクリック

4.「バックアップを復元」をクリック

5.一覧から復元するバックアップを選択

データ移行時の注意点

iTunesでiPhoneのデータ移行するときの注意点はただ1つ。

・iTunesとiPhoneのソフトウェアを最新版にアップデートしておく

古いバージョンのままでもまず問題なくバックアップの作成、データ移行(復元)はできるのですが、それぞれのソフトウェアのバージョンに差があると、一部データを移せない可能性があります。

スムーズにデータ移行するためにも、どちらもソフトウェアは最新版にしておくのが安心です。

まとめ

今回、「iPhoneのデータ移行」をテーマに、iPhoneを買い替えたときにまずしておきたいデータ移行の手順や注意点を、クイックスタートとiCloud、iTunesの3つの方法に分けてご紹介しました。

iPhoneだけで手軽に済ませるのならクイックスタートかiCloud、PC(Mac、WindowsどちらでもOK)がある人でしっかりとバックアップまで残しておきたいときはiTunesでの方法がおすすめです。

どれも手順通りにすれば決して難しくないので、ぜひしやすい方法でデータ移行してください。

なお、すべてに共通する注意点として、一部アプリには事前に引き継ぎの手続きが必要です。引き継ぎをせずにデータ移行するとアプリにログインできなくなるので、必ず事前に手続きしましょう。