iPhoneのバックアップができない原因と対処法

iPhoneはどのシリーズにもmicroSDカードの差込口はなく、本体内蔵の記憶容量にしかデータを記録できません。そのため、大切なデータはiCloudやiTunesでバックアップしておくのが一般的です。

しかし、ときには何故かiCloudやiTunesで上手にバックアップできないことが……。そのままにしていて万が一、iPhoneを紛失したり、故障したりすると大切なデータが永久に失われてしまいます。

そこで、ここではiCloudやiTunesでiPhoneのバックアップができない原因と対処をご紹介します。

iPhoneの主なバックアップの方法

冒頭にも登場したように、iPhoneの主なバックアップの方法はiCloudやiTunesを使用します。

iCloudでバックアップする方法

「iCloud」とはAppleが提供するクラウドストレージです。iPhoneは初期状態でiCloudに自動的にバックアップが作成されるよう設定されていますが、以下の手順で手動で設定することもできます。

1.デバイスをWi-Fi(インターネット)に接続する

2.「設定」から「ユーザ名」、「iCloud」の順に開く

3.「iCloud バックアップ」を選択する

4.「今すぐバックアップを作成」を選択する

あとはバックアップが完了するまでWi-Fiに接続したままにすると、バックアップが作成されます。

iTunes(パソコン)でバックアップする方法

「iTunes」とはAppleが提供する音楽や動画などの管理アプリです。iTunesを活用するとパソコン(Mac、Windowsどちらでも)にiPhoneのバックアップを作成できます。手順は以下の通りです。

1.パソコン内にある「iTunes」を起動する

2.パソコンとiPhoneをケーブルで接続する

3.「このコンピュータを信頼しますか?」のメッセージに同意する

4.「iTunes」画面の上部にある「スマホマーク」を選択する

5.「概要」を選択する

6.「今すぐバックアップを作成」を選択する

あとはバックアップが完了するまでケーブルで接続したままにすると、バックアップが作成されます。

なお、上記はmacOS Mojave 10.14 以前のMacか、Windowsのパソコンでの手順です。macOS Catalina 10.15以降のMacであれば、iTunesを介さずに「Finder」内にバックアップを作成できます。

iPhoneのバックアップができない原因

前述の手順を試しても、iPhoneのバックアップができない場合は以下のような原因が考えられます。

  • iCloud / パソコンの容量が足りない

iCloudは初期状態(無料アカウント)では「5GBまで」しかデータ容量がありません。そのため、iPhoneのデータ容量が5GBを超えると、容量不足でバックアップを作成できないわけです。

同様に、パソコンも内部のデータ容量が不足すると、iTunesでバックアップができません。

  • インターネットに接続できていない

iCloudはインターネット環境に接続している状態でないとバックアップを作成できません。例えば、電波の届かない地域にいたり、Wi-Fi環境が悪かったりするとバックアップができないのです。

  • iPhone / iTunesのシステムが最新ではない

iCloudやiTunes、iPhone(iOS)は頻繁にアップデートされています。そして、iCloudは最新でiPhone(iOS)は古いまま、のように一方のバージョンが古いと不具合の起こることがあるのです。

  • iPhoneとパソコンのケーブルの接触不良

iTunesでバックアップするときはパソコンとiPhoneをケーブルで接続します。そのケーブルが上手に挿さっていなかったり、断線していたりするとデータのやり取りができないことがあるのです。

  • iPhone / パソコンが故障している

ユーザー側で判断するのは難しいのですが、表面上は問題なく動作していたとしても、iPhoneやパソコン内部のどこかが故障していて、iCloudやiTunesにバックアップができないこともあります。

  • iCloud / パソコンの容量不足の対処

iCloudやパソコンの容量不足が原因で、iPhoneのバックアップができないときは以下を試しましょう。

  • 不要なデータを削除する

まず、容量不足が原因なので、不要なデータを削除してください。iCloudの場合は以下の手順です。

1.デバイスをWi-Fi(インターネット)に接続する

2.「設定」から「ユーザ名」、「iCloud」の順に開く

3.「ストレージを管理」を選択する

4.不要なアプリのデータを選択する

5.「データを削除…」を選択する

なお、パソコンの容量不足の場合は、パソコンごとの手順で内部のデータを整理すれば大丈夫です。

  • バックアップするアプリを制限する

次に、iCloudの容量内に収まるように、iPhoneからバックアップするアプリを制限するのも手です。

1.デバイスをWi-Fi(インターネット)に接続する

2.「設定」から「ユーザ名」、「iCloud」の順に開く

3.「ストレージを管理」を選択する

4.「バックアップ」を選択する

5.バックアップが作成されているデバイスを選択する

6.バックアップしなくてもいいアプリをオフにする

なお、iTunes(パソコン)の場合では、バックアップするアプリの制限はできない仕様のようです。

  • iCloud / パソコンのデータ容量を増やす

不要なデータを削除、そしてアプリを制限しても足りないときには、データ容量を増やしましょう。

iCloudのデータ容量は、月額課金で50GBから最大2TBまで増やせます。その手順は以下の通りです。

1.デバイスをWi-Fi(インターネット)に接続する

2.「設定」から「ユーザ名」、「iCloud」の順に開く

3.「ストレージを管理」を選択する

4.「ストレージプランを変更」を選択する

5.50GB、200GB、2TBから好きなプランを選択する

※iCloudのデータ容量は5GB(無料)、50GB(130円)、200GB(400円)、2TB(1,300円)。

また、パソコンのデータ容量を増やしたいのなら、外付けHDD(またはSSD)を購入するだけです。

インターネットに未接続のときの対処

インターネットの接続環境が原因でバックアップができないときには、以下を確認しましょう。

  • インターネットの接続状況を確認する

iPhoneがモバイル通信やWi-Fiに接続できているか確認してみてください。画面上部の「縦棒(モバイル通信)」や「扇(Wi-Fi)」が表示されていないときは、インターネットに未接続の状態です。

対処としては、電波の届く場所に移動するのみ。電波がないことには接続のしようがありません。

  • プロバイダに障害がないか確認する

iPhoneの画面上部に「縦棒」や「扇」が表示されているのにバックアップができないときは、稀ですが携帯会社やプロバイダ(通信会社)側で何かしら障害が発生している可能性が考えられます。

この場合にできることはなく、携帯会社やプロバイダ側で復旧されるまで待つしかありません。

iPhoneが故障しているときの対処

ここまで対処を試してみて、それでも改善しないときはiPhoneが故障しているのかもしれません。

Appleのサポート窓口に問い合わせる

iPhoneの故障が疑われるときは、まずAppleのサポート窓口に問い合わせてみるのがいいでしょう。

・0120-277-535(日本からかける場合)

こちらの番号に電話すると、サポート窓口に繋がるので、今の状況を伝えてみてください。その場で解決できそうであれば窓口担当者が手順を教えてくれますし、修理が必要なときは手配してくれます。

正規またはiPhone専門の修理店で修理してもらう

Appleのサポート窓口から修理を手配すると、配送業者が集荷して、工場で修理して、と時間がかかります。すぐにでも対処したい方は、Appleの正規またはiPhone専門の修理店に持ち込みましょう。

状況によってはその場で修理してもらえますし、そうでなくともAppleより時間はかかりません。

まとめ

今回、「iPhoneのバックアップができない」をテーマに、できない理由と対処をまとめました。

iPhoneのバックアップができない理由は様々ありますが、とくに多いのが「容量不足」です。動画やアプリが多いとすぐ容量はいっぱいになるので、不要なものは都度整理するのがいいでしょう。 ぜひ、本記事を参考にiPhoneのバックアップを作成しておき、大切なデータを守ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です