iPhoneを初期化する方法とできないときの対処

iPhoneを下取りや売却したり、家族や友人にあげたりするときには、パスワードやクレジットカード情報などが悪用されないよう、LINEの内容や写真/動画が見られないように初期化が必要です。

ただ、そのまま初期化してしまうと、新しいiPhoneを使うときにデータを復旧できなくて困ります。また、データのバックアップのほかにも、初期化前にはやるべきことがいくつもあるのです。

ここではiPhoneの初期化の手順ややるべきこと、初期化できないときの対処をご紹介します。

iPhoneの初期化前にするべきこと

初期化してから困らないよう、まずはiPhoneの初期化前にするべきことをご説明しましょう。

iPhoneのバックアップを作成する

新しくiPhoneを買い替えるのであれば、前のiPhoneのバックアップを取ることをおすすめします。バックアップをせずに初期化してしまうと、電話帳や写真、動画などのデータが消えるためです。

バックアップの方法としては、主に「iCloud」か「iTunes」のどちらかを使用します。

「iCloud」の手順は以下の通りです。

1.デバイスをWi-Fi(インターネット)に接続する

2.「設定」から「ユーザ名」、「iCloud」の順に開く

3.「iCloud バックアップ」を選択する

4.「今すぐバックアップを作成」を選択する

「iTunes」の手順は以下の通りです。

1.パソコン内にある「iTunes」を起動する

2.パソコンとiPhoneをケーブルで接続する

3.「このコンピュータを信頼しますか?」のメッセージに同意する

4.「iTunes」画面の上部にある「スマホマーク」を選択する

5.「概要」を選択する

6.「今すぐバックアップを作成」を選択する

なお、iPhoneは初期状態で「iCloud」に自動的にバックアップされるように設定されていますが、容量不足ですべてのデータを残せないことがあるので、パソコンがあるのなら「iTunes」が安心です。

iPhoneを探す」をオフにする

iPhoneは無くしたときにどこにあるのかを探したり、遠隔でロックをかけたりする機能「iPhoneを探す」があります。これがオンのままだと勝手にロックがかるため、売却や譲渡ができません。

「iPhoneを探す」をオフにする手順は以下の通りです。

1.「設定」から「ユーザ名」、「探す」の順に開く

2.一番上にある「iPhoneを探す」をオフにする

iCloudからサインアウトしておく

前述の「iPhoneを探す」と同様に、「iCloud」にサインインしたままiPhoneを初期化してしまうと「アクティベーションロック」がかかります。このままでは売却や、あげたりできないのです。

「iCloud」からサインアウトする手順は以下の通りです。

1.「設定」から「ユーザ名」の順に開く

2.一番下の「サインアウト」を選択する

3.「iCloudからサインアウト」を選択する

「データのコピーをこのiPhoneに残しますか」のメッセージが表示されるので、すべての項目をオフにしましょう。その後、「本当によろしいですか」で「サインアウト」を選択すると完了です。

Apple Watchのペアリングを解除する

Apple Watchを所有している方限定ですが、iPhoneとのペアリングを解除してください。ペアリングされまま売却したり、あげたりすると、次の所有者の情報がiPhoneから流れてきてしまいます。

Apple Watchのペアリングを解除する手順は以下の通りです。

1.iPhoneとApple Watchを近づける

2.iPhoneで「Watch」アプリを開く

3.「マイウォッチ」から「すべてのWatch」の順に開く

4.解除したいApple Watchを選択する

5.「Apple Watchとのペアリングを解除」を選択する

なお、Apple Watchが「GPS+Cellularモデル」の方は、モバイルデータ通信を維持するのか、削除するのかの選択があります。新しいiPhoneと再ペアリングの予定がある場合は、維持しましょう。

iPhoneを完全に初期化する手順

前述のiPhoneの初期化前にすべきことを終えたら、いよいよ以下の手順で初期化してください。

1.「設定」から「一般」、「リセット」の順に開く

2.「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択する

3.「今すぐ消去」を選択する

あとは5分程度待てば、iPhone内のデータをすべて消去し、初期化(買う前の状態)にできます。

初期化できないときの対処法

前述の手順でまず初期化できるはずですが、できないときは以下の手順で強制初期化ができます。

リカバリーモードで強制初期化する

「リカバリーモード」とは「iTunes」からiPhoneに接続して、強制初期化する方法です。

iPhone8以降の場合の手順は以下の通りです。

1.パソコン内にある「iTunes」を起動する

2.iPhoneとパソコンをケーブルで接続する

3.iPhoneの「電源」ボタンと「音量を上げる」ボタンを同時に押す

4.「音量を下げる」ボタンを押して、すぐに離す

5.「iTunes」マークが表示されるまで「電源」ボタンを長押しする

6.パソコン上に「復元」が表示されたら選択する

iPhone7以前の場合の手順は以下の通りです。

1.パソコン内にある「iTunes」を起動する

2.iPhoneとパソコンをケーブルで接続する

3.iPhoneの「電源」ボタンと「音量を下げる」ボタンを同時に押す

4.「iTunes」マークが表示されるまで、「3.」の状態で長押しする

5.パソコン上に「復元」が表示されたら選択する

※iPhone6sまでの機種では、「3.」で押すのは「電源」ボタンと「ホーム」ボタンです。

パソコンやタブレットから初期化する

「リカバリーモード」で初期化できないときは、パソコンやタブレットから初期化できます。

1.パソコンかタブレットを起動する

2.「iCloud」にログインする

3.「iPhoneを探す」を選択する

4.「すべてのデバイス」からiPhoneを選択する

5.「iPhoneの消去」を選択する

なお、上記の方法で初期化するのは、「iPhoneを探す」がオンになっていることが条件です。

Apple Storeや正規修理店に依頼する

手元にパソコンやタブレットがないときは、Apple Storeや正規修理店に依頼するのも手です。ただ、iPhoneが本人のものか判断するため、Apple IDとPWを求められるので確認しておきましょう。

なお、PWを忘れたときには、「設定」の「パスワードとセキュリティ」から変更ができます。

パスワードをわざと10回連続で間違える

かなり荒技ですが、iPhoneのパスワードをわざと10回連続で間違えても、強制初期化されます。

・6回連続の間違い:1分間ロック

・7回連続の間違い:5分間ロック

・8回連続の間違い:15分間ロック

・9回連続の間違い:60分間ロック

・10回連続の間違い:強制初期化

なお、上記の方法で初期化するには、以下の手順でiPhoneを事前に設定しておく必要があります。

1.「設定」から「Touch IDとパスコード」の順に開く

2.一番下にある「データ消去」をオンにする

まとめ

今回、「iPhoneの初期化」をテーマに、初期化前にすべきことと初期化の手順をまとめました。

売却に出すにせよ、あげるにせよ、iPhoneを手放すときは情報漏洩しないよう、そして新しいiPhoneに情報を引き継げるようバックアップや、「iPhoneを探す」のオフなどは忘れずにしましょう。

とくにバックアップを忘れていると写真や動画、アプリなど大切なデータを失ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です