iPhone12シリーズのスペックを比較!

せっかくiPhoneを手にするのなら、多少高くても最新モデルを選びたいところ。では、現在(2021年5月時点)の最新モデルが何かですが、それは2020年10月に発表された「iPhone12シリーズ」です。

ラインナップは「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4つ。

そこで気になるのが、ひとつ前のiPhone 11シリーズから何が変わったのかでしょう。ここでは、iPhone 12シリーズの主なスペックを比較しつつ、iPhone 11シリーズとの違いを調査していきます。

iPhone12シリーズのスペック一覧表

iPhone 11シリーズと比較する前に、まずはiPhone 12シリーズのスペックを一覧表にまとめました。

  iPhone 12 iPhone 12 mini iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
カラー パープル/ブルー/グリーン/プロダクトレッド/ホワイト/ブラック パープル/ブルー/グリーン/プロダクトレッド/ホワイト/ブラック パシフィックブルー/ゴールド/グラファイト/シルバー パシフィックブルー/ゴールド/グラファイト/シルバー
画面サイズ 6.1インチ 5.4インチ 6.1インチ 6.7インチ
通信方式 5G対応 5G対応 5G対応 5G対応
カメラ 超広角/広角 超広角/広角 超広角/広角/望遠 超広角/広角/望遠
ビデオ撮影 4K/1080p HD/ドルビービジョン対応HDR/1080pスローモーションビデオ/タイムラプスなど 4K/1080p HD/ドルビービジョン対応HDR/1080pスローモーションビデオ/タイムラプスなど 4K/1080p HD/ドルビービジョン対応HDR/1080pスローモーションビデオ/タイムラプスなど 4K/1080p HD/ドルビービジョン対応HDR/1080pスローモーションビデオ/タイムラプスなど
CPU A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ
センサー 加速度センサー/近接センサーなど 加速度センサー/近接センサーなど LiDARスキャナ/加速度センサー/近接センサーなど LiDARスキャナ/加速度センサー/近接センサーなど
バッテリー ビデオ:最大17時間
オーディオ:最大65時間
ビデオ:最大15時間
オーディオ:最大50時間
ビデオ:最大17時間
オーディオ:最大65時間
ビデオ:最大20時間
オーディオ:最大80時間
認証 Face ID(顔認証) Face ID(顔認証) Face ID(顔認証) Face ID(顔認証)
耐水性能 水深6mで最大30分間 水深6mで最大30分間 水深6mで最大30分間 水深6mで最大30分間
容量 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB 128GB/256GB/512GB 128GB/256GB/512GB
サイズ 146.7 × 71.5 × 7.4 mm 131.5 × 64.2 × 7.4 mm 146.7 × 71.5 × 7.4 mm 160.8 × 78.1 × 7.4 mm
重さ 162g 133g 187g 226g
Apple Pay 対応 対応 対応 対応
SIMカード nano-SIM/eSIM nano-SIM/eSIM nano-SIM/eSIM nano-SIM/eSIM
ワイヤレス充電 MagSafe/Qiワイヤレス充電 MagSafe/Qiワイヤレス充電 MagSafe/Qiワイヤレス充電 MagSafe/Qiワイヤレス充電
コネクタ Lightning Lightning Lightning Lightning
価格 64GB:94,380円
128GB:99,880円
256GB:111,980円
64GB:82,280円
128GB:87,780円
256GB:99,880円
128GB:117,480円
256GB:129,580円
512GB:153,780円
128GB:129,580円
256GB:141,680円
512GB:165,880円

※上記の価格はあくまで参考(2021年5月時点)です。販売店によっては異なる場合があります。

iPhone12シリーズの各スペックの特徴

iPhone 12シリーズのスペック一覧表を見ると、通信方式やCPU、センサーなど重要な項目が新しくなっています。では、iPhone 11シリーズと比較して、どこが変わったのか比較してみましょう。

懐かしい角張ったデザインに

iPhone 11シリーズは側面が丸みのあるデザインなのに対して、iPhone 12シリーズでは角張っています。これはiPhone 5シリーズに似たデザインで、金属の質感が際立ったかっこいいデザインです。

画面サイズのみやや大きくなった

iPhone 11シリーズとiPhone 12シリーズ(iPhone 12 miniを除く)は、ボディサイズはほぼ同じながらも、画面はiPhone 12シリーズがやや大きくなっています。少しの差ですが画面が大きいのは魅力的です。

CPUが新しくなり処理速度が向上

iPhone 12シリーズからCPUに最新の「A14 Bionicチップ」が搭載されました。iPhone 11シリーズの「A13 Bionicチップ」と比較して、処理速度は2倍以上。これまで以上にサクサク動作してくれます。

※CPUとは中央処理装置。コンピュータを制御する頭脳のような存在です。

新たな通信技術「5G」に対応

iPhone 12シリーズからは新たな通信技術「5G」に対応しました。これまでの「4G」と比較して、「5G」の通信速度は20倍ほど。2時間の映画をわずか3秒でダウンロードできるほどの速さです。

カメラのAF精度が大幅に改善

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのみですが、新たなセンサー「LiDARスキャナー」が採用されました。これによりカメラのAF精度が大幅に改善。薄暗い部屋や夜間でもバッチリピントが合います。

サイズの選択肢に「mini」が追加

iPhone 11シリーズでは11/11 Pro/11 Pro Maxの3モデルなのに対して、iPhone 12シリーズではそこに「mini」が追加。スペックは他と同じながら、5.4インチとコンパクトで使い勝手の良いモデルです。

まとめ

「iPhone 12のスペック」をテーマに、デザインやCPUなどのスペックをまとめてきました。

ひとつ前のiPhone 11シリーズと比較して、iPhone 12シリーズはデザインが一昔前のスタイリッシュなものに。スペックはCPUを始め、通信技術やセンサーなど重要な項目が大幅に改良されました。

iPhone 11シリーズより価格は張りますが、見合うだけの機能を備えた高スペックシリーズです。もし予算に余裕があるのなら、iPhone 12シリーズはどれを手にとっても後悔することはないでしょう。